HOME  >  採用情報  >  人を知る  >  介護福祉士 田中 翔太

Staff Interview

介護福祉士 田中 翔太

介護福祉士

田中たなか 翔太しょうた

2016年入職(2年目)

自分の価値観と合う施設で。
将来入居するなら神の園で、という思いから。

神の園で働いて2年目になります。4年制大学を卒業して、神の園に入職しました。福祉の学部で学んでいましたが、3回生の実習では社会福祉協議会に行っていました。そんな中、介護の就職フェアで色々と見て回るうちに、介護福祉士としての仕事に就こうと決めました。元々、私はしゃべるのが得意ではなく、上手くしゃべる、というのが憧れでもありました。介護の仕事は、現場で話をするというのがメインのお仕事。そういった仕事内容に敢えて挑戦してみようと思ったのが介護職を目指したきっかけです。また、自分も将来お世話になるであろう老人ホームという場所で、まずは自分がお世話をしてみたいという気持ちもありました。
 神の園では、食事や排泄、お風呂の時間を一斉に行うなどの介護ではなく、ご利用者の方、それぞれに合わせた生活を提供されているのが印象的で、自分の価値観とも合っていました。職場の雰囲気がアットホームで、自分が将来入居するならここだ、と思えたのが、神の園に決めた理由の一つですね。

神の園は、教えられる側にとっても、
教える側にとっても働きやすい場所です。

神の園では、ご利用者の方が皆さん思い思いに過ごされていて、自分の好きなことをされています。ご利用者さん一人ひとりが伸び伸びと生活を送ることの出来る施設です。施設の行事として、夏祭りや運動会があるのですが、そのイベントで、普段笑わない方がすごく笑顔になっている、その出来事が私の中では印象的です。ご利用者さんにとって、楽しい時間を提供することが出来たんだと実感した瞬間でした。
神の園は、新人にとって働きやすい環境だと思います。新人の研修が充実していますし、覚える仕事のペースが他の施設よりもゆっくりしていると感じます。1年目の新人は、先輩がついてOJT制度として一緒に働いていくのですが、私が働き始めた頃は、先輩が色んな悩みを聞いてくれていました。今は、OJT担当として、後輩に付いています。先輩が教えてくれたことをそのまま、自分の経験も活かしながら伝えていますね。教える側にとっても、すごくやりやすいと言いますか、本当に働きやすい環境ですね。介護の知識が全くなかった私にとっても、一から資格取得のサポートもして頂いています。

大袈裟かもしれませんが、
神の園は私にとっての第二の家のような存在です。

介護職という仕事は、ご利用者さんの最期に立ち会うという、他の仕事ではあまり経験をしないようなことにも向き合わないといけません。それは勿論しんどいことも多くありますが、それ以上に得るものがあり、非常にやりがいを感じます。
私にとって神の園は、第二の家です。初めて神の園に来た時も感じた、帰ってきた、という感覚。大袈裟かもしれませんが、毎日、仕事をしているというより、ご利用者さんと一緒に過ごしているという感覚に近いですね。
地域の皆さんには、神の園が側にあるからこそ、ここの場所でずっと安心して生きていける、と思って頂きたいです。そんな存在に私もなれるよう、努力していきたいと思っています。

Copyright(c) 社会福祉法人 カトリック京都司教区カリタス会
高齢者総合福祉施設 神の園 All right reserved.